2012年1月26日木曜日

冬のソナタ

1月の初旬からLaLaTVで「冬のソナタ」が再放送されていました。


知らなかったのですが、ある日の夜、旦那さんがあちこちチャンネル変えていると冬ソナのテーマ「最初から今まで」が流れてきて「きゃ~ぁ、ナニこれ?」と見ると第14話の終わりでした。

月~金の夜11時から完全班の再放送。「明日から一緒に見よ!」と言ったにもかかわらず、付き合って一緒に最後まで見てくれたのは18話からでした。でもじ~っと見てました。
これまでのあらすじ+私の解説で「こいつが嘘ついてんだろ?」とミヒさんがなぜ本当の事を隠しているのかが納得いかなそう。

ドラマの始まりに流れるモノクロの冬景色。初雪デートでのチュンサンとユジンが雪だるまを作ったり、雪と戯れたりするこれらの風景はパチでの「大当たり」表示と各タイトルの背景に使われています。カラー映像にしなかったプロデューサーに✿マルを差し上げましょう。








4 件のコメント:

  1. マスターも好き♪2012年1月30日 8:28

    未だにドラマを見た事がありません。

    あの、タイトル画面は
    >ドラマの始まりに流れるモノクロの冬景色
    なのですね。凛とした空気感が冬ソナには有りますよね。
    (ドラマは見てないですが…)
    そこが、さらに切なさを盛り上げるのでしょうね。

    そうそう。昨日、久し振りに週末稼働して来ました。
    見れないと思っていた初見を見る事が出来ました。

    返信削除
  2. 「最初から今まで」の曲がこのモノクロ映像にピッタリなんですよね~。もの悲しさというか、本当に切なさが伝わってきます。

    初見のプレミア? なんだろう? 金系? ビッグ系?

    私は1月見たプレミアは「ハート枠 鯉」でした。
    マルシアンの「飲みに連れてって下さい」、時短中に実写タロットも数日前甘ソナで。

    ミドルは
    木曜日、貯玉250玉で学生編へ。ユジンのマフラーが久しぶりのゼブラでした。

    金曜日、3回転目で学生編突入時擬似4のハート枠内が「バスの中でピンクのミトンで遊んでる2人」だったんですが、リーチ先は「並木道」でした。当たって昇格しましたが、これって発展先矛盾?

    土曜日、1回転目で夜背景、ハングル「衝撃」がミニョン滑りでアニメ救出リーチ、アルバムは赤ダルマx2体でしたがそのまま当たりました。

    日曜日は今イチでした。

    マスターも好き♪さんは久しぶりの稼働だったんですね。初見が何だったか教えてね~。

    返信削除
  3. ご挨拶が大変送れて申し訳ないです m( __ __ )m
    ブログ開設、おめでとうございます!
    ヽ(゜・^*)^☆.。.:*・゜☆祝☆゜・*:.。.☆^(*^・゜)ノ
    ネコちゃんの画像&話題に癒されます~♪
    脱走事件は、「見つかってよかった、本当によかった☆」
    でしたね (^_-)-☆
    (初代なら夜空当たりでけっこうお目にかかれたのに、
     2では遭難リーチ当たりでしか見れないんですもん…)

    広島でもローカル局で年明けから冬ソナ再放送やってます。
    いよいよ本日最終回。20話全部CMカット編集をして、
    ブルーレイに録画して保存する予定です ( ̄ー☆キラリーン

    それから… ずいぶん以前の記事で
    「釘がなくなってて回転率がとてもよくなってた」
    というのがあったじゃないですか?
    スタッフに告げなくてもしっかりわかってる
     ↑ これが「ホルコン(ホールコンピューター)」だそうです。
    通常の稼動ではありえない玉の増減はこれですぐわかるそう。
    ソナの確変中の止め打ちで玉が増えるのも、
    このホルコンでわかるのだそうです。変則打ちに厳しいホールでは
    注意(ひどいときには出入り禁止)を喰らいます (~_~;)
    逆に、大当たりラウンドで玉を拾わないために出玉が少なくなったときも、
    スタッフさんに言えばホルコンとの照合で不足分の出玉を保障してもらえる、
    という訳なんですね d( ̄  ̄)

    バンヒのほうのブログ更新はありませんが、
    これからもどうぞよろしくお願いします (*^^*)

    返信削除
  4. きゃ~ぁ(#^.^#)バンヒさん、来ていただいてうれしいです。

    うれしいやら恥ずかしいやら。バンヒさんのブログの足元にも及ばないような私のブログですが、これからもマスターも好き♪さん共々よろしくお願いいたします。

    今でも冬ソナが再放送されていて私は今回は途中からでしたが、バンヒさんはさすがチェックされていたんですね。展開はわかっているにも関わらず、なぜか新鮮さが失せないんですよね。不思議です。



    あの釘折れ事件。ホルコンの威力ですね。どうしようか思案中に事務所のドア(甘ソナのすぐ横)が開いてスタッフ颯爽と出て来ましたから。
    台を開けて裏側チェックしてましたがコンピューターと接続されているところが正常に働いているか見たのかも知れません。ホルコンの現物は知りませんが、増減の把握はできても画面上に「何番台の釘が折れました」と表示されない限り、何が原因かはわかりませんよね。

    更にあのまま続けていたら盤面チェックに来かもしれません。

    私は掲示版で止め打ちの方法を知り今でも実践していまが、玉を抜く時もあるし補充する時もあり、一定ではありません。所詮素人のなせる技、ホール側が気にする程増えていないんだと思います。

    こちらこそこれからも末永くよろしくお願いいたします(^^♪。

    返信削除