2012年3月21日水曜日

チェリンの嘘があばかれる時 その1

ポラリスの3人がパブで飲んでいる時の告白ゲームで、空き瓶を回して止まった先に座っていたユジンが「初恋」について告白する事になった時、たまたま入ってきたミニョンと次長が3人を見つけて一緒の席に座りました。
「僕も聞きたいですね」と興味深々のミニョンの態度に、話したくないユジンはその代わりに飲めないお酒を一気飲みしてしまいます。
2人だけ残った後、「似てるんです」と初めて好きになった人に似ているという話しに、チェリンから聞かされていたミニョンは不機嫌そうに帰ろうと席を立ち、酔って立てなくなったユジンを仕方なく担いでホテルへ帰ります。


酔いから冷めかけ、メガネを外したミニョンの横顔にチュンサンの面影を見たユジンはチュンサンと「錯覚」し思わず抱きつき涙にむせぶのですが、そんなユジンをミニョンは冷たくあしらいます。
「友達の彼氏に手を出すとは・・・」
そして
「一番つまらない話だ」と。


我に返り、立ち上がって去ろうとするユジンは「望み通りでしょ?」と腕を掴んだミニョンの頬を平手打ちし、逃げるように泣きながらホテルを後にします。




スキー場に出発する前夜、チェリンがホテルにやって来ます。
下着やマフラー、カイロなどを取り出すチェリンにミニョンは自分に似た人がいるのは事実じゃないのかと訊ねます。とたんに顔を曇らせるチェリン。
「言いたくなかったけど、これ以上自分の好きな人に近づくのは見たくない」と涙を流します。
それを見てなだめるように外へ出ようとミニョンが着替えに立った次の瞬間には
「呆れた。チュンサンの話をしたのね・・・」と涙は消えていました。そしてテーブルの足元に何かが落ちているのに気がつきます。


ユジンが落としていった手帳でした。 「ユジンがここまで来た・・・?」



第6話「忘却」

2番目に好きなこの6話にはチェリンのついた嘘の数々と、その嘘が明らかになる瞬間が待っているのです。


スキー場での仕事が始まりました。チョンア&ユジンが到着し、キム次長がお茶でも飲もうと言い、一人部屋で休むというユジンを残し喫茶室でタロット占いに興じます。「お前も占ってもらえ」と言う次長に僕は信じないけど、と言いながらミニョンはカードを選びます。
「珍しいわね~。同じカードが続くなんて・・・」。
ミニョンが引いたカードは3回とも同じ「運命の輪」でした。 (ジャジャジャジャーン

「同じカードの女性を掴まえて」。


(チョンアさんは別の日、ユジンにもカードを2枚選ばせています。1枚は恋愛のカード。もう1枚はその答えが出ているというカード。「どうせサンヒョクだろうけど」とチョンアさんが出て行った後そのカードをゆっくり返してみると、「運命の輪」だったのです) (ジャジャジャジャーン



窓の外を散歩しているユジンを見かけ、ミニョンはチョンアさんに聞きました。
「あなたから見てユジンさんはどんな人ですか?」
「なぜです?」
「男性遍歴が豊富だとか。僕もそのリストに加えてもらおうと思って」
「そんな出任せ、誰が言ったんです?人を見る目がないんですね」
ユジンはバカみたいに一人を想い続ける子、冗談でも言わないでと釘をさされます。

工事担当者と会食の際、班長の「ユジンにはできない事が3つある。酒、嘘、浮気だ」という話を聞き、ミニョンはユジンに「お酒を飲めないとは知らなかった」と謝り、最初の澄んだ印象がホントのユジンさんなのか、それともホテルで・・・と話し始めた時、

「ミニョンさ~ん

チェリンでした。

翌日、チェリンはとんでもない事をミニョンに言い出します。



「その2」へ続く。

0 件のコメント:

コメントを投稿