2013年8月22日木曜日

戦国パチンコ 花の慶次 琉

6作目になる慶次シリーズの新台が発表になりました。(正式にはまだ?)


「琉(りゅう)」ということは、舞台は琉球?

雰囲気的には昔の慶次に戻ったような感じがしないでもないけど、要は中身がどうなのか。

ニューギンの開発者さんたちは、漢を失敗だったと思っているかどうかで決まるのではないかな、と。

ゴチャゴチャした演出や安っぽいショートリーチが10種類も増えて目玉おやじみたいな役物も不似合だったし、上下役物合体あとに登場するキセルはミスマッチもいいところ(+o+)。

あちこちでチラッと顔を出す慶次も何だか軽っぽく扱われて、キセルの有難味が薄れるしで・・・トホホ


0 件のコメント:

コメントを投稿